トップ

賃貸契約の際の注意点について

賃貸物件を借りる際に

アパート

賃貸契約の居住期間について

賃貸契約では、毎月の家賃や管理費のようなランニングコストと、敷金や礼金のような初期費用(イニシャルコスト)、更新料のような臨時費用があります。 居住期間が、例えば学生の通学や期間の予測ができる転勤などの場合は、家賃は多少割高でも初期費用がかからない物件のほうがトータルでお得になることもあります。 反対に、長く住むなら初期費用が掛かっても、毎月の家賃が安いほうが長い目で見て有利なので、自分にあった物件を探しましょう。 賃貸期間の総支払額を計算して、総額同士で比較するとどちらが得かがわかりやすく判断することができます。

契約までの大まかな流れ

賃貸物件を借りるには、まずは自分の希望を整理してから物件情報を探します。不動産会社の店舗でも、希望やこだわりポイントがはっきりしていればたくさんの情報を絞り込んで効率よく閲覧することができます。気に入った賃貸物件が見つかったら、現地見学をします。見学してみて借りたい気持ちが決まったら、まずは入居申込みをします。申込書には、自分の勤務先などと連帯保証人の名前などを記入して提出します。申込みがあると、大家さんや不動産会社が入居審査を行い家賃の支払いなどに問題がないことがわかれば入居が認められます。審査に通ると正式契約に向けて重要事項説明があり、内容全般に納得したら初期費用を支払って正式契約となります。

↑PAGE TOP

© Copyright 賃貸契約の際の注意点について. All rights reserved.