トップ / 賃貸物件の更新の際には

賃貸物件の更新の際には

賃貸のかかる費用の事

アパート

賃貸物件の更新料について

賃貸契約は、住居の場合通常2年程度の期間を定めて契約し、期間の満了時にはまた同じ期間で更新することが一般的です。 更新の際には更新料として、新賃料の1カ月分を支払う商習慣がありますが、法律の定めではなく、契約の条件なので、貸し手と借り手の双方が同意すれば値引きや免除をしてもらうことも不可能ではありません。 オーナーにとって、毎月の家賃の値引きは、将来にわたって収入が減るだけでなく、物件の収益力=物件の資産価値自体まで下げてしまうことになるため、最も避けたいところです。 前回の契約時期より、確実に二年は築年数も増えているので、家賃の値引き交渉をする代わりに更新料の値引きや免除の交渉をするのは、お得な賃貸生活に効果的です。

更新料と更新手数料について

家計のやりくりをしている主婦は賃貸の更新料は悩みの種になるでしょう。部屋を借りる時、契約をむすびます。この契約期間は大体の場合、2年間です。2年後にさらに住みつづけるなら契約の更新が必要になり、その都度、必要な手続きをしなければなりません。その時に更新料と更新手数料を支払うことになります。大体の場合、更新手数料は不動産会社が支払ってくれます。大家さんと入居者を不動産会社が仲介していますから、更新の手続きも不動産会社が行います。賃貸では、家賃などのさまざまな悩みや不満は仲介してくれた不動産会社に相談することが大切です。

↑PAGE TOP

© Copyright 賃貸契約の際の注意点について. All rights reserved.