トップ / 賃貸の居抜き物件はお得です

賃貸の居抜き物件はお得です

賃貸の居ぬき物件は

アパート

賃貸の居抜きの意味とメリット

居抜き物件という言葉を耳にすることはあってもどんな物件かを知らない人は多いでしょう。調度品または設備、商品をそのままにして建物を売りますよということです。賃貸の居抜きとは調度品などをそのままにして建物を貸しますということになります。メリットは自由に貸したり返却できることです。飲食店、物販店、歯科医院、美容室などを開業したいと考えているは少ない予算で開業できます。建物をそのままにして賃貸をしたい人は不要になったものを他の人が活用してくれ、家賃収入を得ることができます。そのため、お互いにメリットがあります。

居抜き物件でコスト削減

店舗や事務所などを賃貸する場合、スケルトンで貸し出しているテナントよりも以前に入っていた店舗の内装がそのまま残っている居抜き物件のほうが、開業時のコストを安くすることが出来るでしょう。貸し手側から見た場合でも、テナントの内装を撤去する手間がかからないので、コスト面でも期間の面でもメリットが十分にあるといえるでしょう。そういった居抜き物件を中心に取扱っている賃貸不動産業者などもおり、そういった業者から情報を得れば、かつて同業者が使っていたテナントに入ることができ、開業時に掛かるイニシャルコストを削減することができるでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 賃貸契約の際の注意点について. All rights reserved.